中国ビジネスのススメ

個人主義

中国人は会社に対する忠誠心よりも自分の能力を発揮し一番高く評価してもらうことを重視します。
常にステップアップの機会を狙っていて、会社に上のようなものをあまり感じず、頻繁にキャリアチェンジしていくのが当たり前と成っています。
同じ会社内での競争も激しく、陰湿な謀略が当たり前で、いかに自分が有利になるかという個人主義が浸透しています。

家族主義

しかし、自分の利益を追求する一方で、見返りを求めずに助け合う心、人との輪を大切にする社会主義的思想も持ち合わせているのも中国人といえます。
その、社会というのは、決して国家という大きなものでは有りません。
それは社会の最も小さな単位「家族」です。
中国では家族は絶対的な価値をもっていて、家族の幸せこそが最大の目標のように見えます。共働きが多い中国では男性が家庭で料理を作るのが当たり前ですし、ビジネスにおいても家族を最優先するので、単身赴任もめったにありません。

仲間になること

この、自分と自分の近くにいる人間を大切にするという考えは、何も家族や血縁に限った話ではないのです。
一緒に苦労を分かち合うなどして信頼を一度得たら、彼らは人種に関わらず家族のように接してくれます。
ですから、ビジネスで中国に行く際に大切なのは、根気強く相手の信頼を得ることです。
多少時間が掛かろうとも中国人から信頼を得ることが物事をスムーズに進める秘訣です。